上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
150字以内で説明する最後の問題も、高脂肪チーズに関する問題でした。

一見するととても南海な問題ばかりに感じられるかもしれませんが、ほとんどは「チーズプロフェッショナル教本」や講習会の内容をもとに作成された内容。教本をもとにしっかり勉強し、講習会に出席してなんども過去問題に取り組めば合格は勝ち取れるでしょう。なお、合格ラインは70%の正解率です。
◯×問題のほか、穴埋め問題、並べ替え問題などはオーソドックスなスタイルが定着してきましたが、チーズのラベルから水分含有量や脂肪量を読み取る問題、チーズ需要のグラフデータから正しい意味を読み取る問題など、販売員として数字を読み取る能力も求められる傾向があります。
>>教本から出題される多彩な問題 合格ラインは正解率70%

第9回の出題傾向は前回の試験と大きく変わる事はありませんでした。さまざまな角度から数多くの設問が出される、タフなスタイルです。

««前のソムリエ試験  | ソムリエ資格・試験とは TOP |  次のソムリエ試験»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。