上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これに対する問題は5種類。各チーズの名称、ナチュラルチーズの分類法におけるタイプ分け、そして製造法に関する問題、原語表記、セールスポイントに関する問題です。
スポンサーサイト
会場に入る前には見たチーズに関する問題は、試験会場で配布される問題用紙の中にありました。2種類それぞれのチーズの産地、乳酒、名前とそのチーズの特徴を答えるというものです。まるごとのチーズを見る機会の少ない我が国では、テキストから学ぶ知識だけでなく、実践に役立つ知識や感覚を身につけていることがより求められるのでしょう。
ブラインドテイスティングでは5種類のチーズを試食し、問題に答えます。出題されたチーズは、ゴーダ、チェダー、グラナ・パダーノ、セル・シュール・シェール、ロングライフ・カマンベールでした。

 | ソムリエ資格・試験とは TOP |  次のソムリエ試験»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。